60代以上の猫背①「猫背のメカニズム(基礎編)」|大阪市天王寺区・生野区の肩こり・腰痛・猫背・骨盤矯正治療なら、あだち鍼灸整骨院へ

あだち鍼灸整骨院

予約制 06-6716-1117

施術時間
午前8:30~12:30、午後3:30~8:30
定休日
土曜午後・日曜・祝日

お問い合わせ

アクセス

予約

お知らせ

60代以上の猫背①「猫背のメカニズム(基礎編)」

  • 60代~の猫背矯正
  • 2016年2月01日

どうもこんにちわ。

今日は60代以上の猫背です。

60代以上の猫背を説明する前に伝えとかないといけないのは、猫背の主な原理です。

↓を見てください

2016-01-30 23.18.18

見にくいかもしれませんが、画面の右が背中側、左がお腹側と思ってください。

ビニールひもが筋肉で、プラスティックが背骨としましょう。

 

はい猫背どん!↓

2016-01-30 23.17.59

単純に言うとこんな感じです。

筋肉(ビニールひも)が短くなることで、背骨(プラスティック)が曲がってしまっています。

猫背直すってのは単純に言うと骨ひっぱてる短くなってる筋肉伸ばそうねってことです。

ほんじゃ上に戻るよねって事です。

 

はい、では60代以上の猫背です。↓

2016-01-30 23.18.27

何が違うか、うん。曲がってますね背骨自体(プラスティック)が。これが骨の変形です。

はい。筋肉伸ばしましょー↓

2016-01-30 23.18.43

はい、伸ばしました。でも変形してしまってる背骨(プラスティック)は一部戻っていませんね。

これはもうどうしようもありません。骨の形が変わってしまうと決して完璧に元通りにはなりませんし、

ちょっとの筋肉の引っ張りでまたすぐ背中が丸まってしまいます。

私としてはこうなる前にできるだけいい状態を保っておいていただきたい。

 

 

歯が減らないように8020運動(80歳になっても20本自分の歯で入れるようにしましょう運動)なんてもんがありますが、

歯と骨は同じカルシウムでできてるんですがねぇ。あんまり骨を大切に残しましょうって気を付けてる人なんてのは少ない気がします。

膝の軟骨を大事にしようとする人は気お付けてくださいね。猫背の人は必ず膝も曲がってきます。もうこれは必ずです。

これには理由がありますが、これは次の機会に。

 

 

姿勢・矯正に関することはお気軽にご相談ください。
  • 予約制 06-6716-1117
  • メールでのお問い合わせはコチラヘ
土曜のみ8:30~13:00 【定休日】土曜午後・日曜・祝日

ページトップへ戻る