10代~20代前半の猫背③「痛みって何で感じるの?」|大阪市天王寺区・生野区の肩こり・腰痛・猫背・骨盤矯正治療なら、あだち鍼灸整骨院へ

あだち鍼灸整骨院

予約制 06-6716-1117

施術時間
午前8:30~12:30、午後3:30~8:30
定休日
土曜午後・日曜・祝日

お問い合わせ

アクセス

予約

あだちブログ

10代~20代前半の猫背③「痛みって何で感じるの?」

  • 10代~20代前半の猫背矯正
  • 2016年2月05日

こんにちは
今日は10代~20代前半の猫背です。

今回は猫背などによって起こる痛みについてお話ししたいと思います。
そもそも痛みってどうやって感じているの?

痛みとは、体の色々なところにある受容器と呼ばれるところに刺激が加わるとそこにくっついてる神経反応して痛みの電気信号を脳に届けて初めて痛みと感じます。

刺激に対して神経が反応するかしないかはある一定のラインが体の中で決められています。それが閾値と呼ばれるものです。

まぁその辺の話ややこしいですよね!

だから簡単にしてみました

まずは↓をご覧下さい。
2016-02-05 09.59.36

疲労(刺激)が痛みのライン(閾値)を超えると痛みとして頭が感じてしまいます。

 

2016-02-05 10.01.44

まあ痛みを取る基本としてこの刺激を下げてあげるのが第一目標となるわけですね。

その中でよく耳にするのが、「今までそんなにしんどくなかったのに治療してからしんどく感じるようになった」「治療したら癖になる」

治療自体が悪いわけではないのに何でそうなるのか、ちょっと絵は下手ですが4コマにしてみました。

2016-02-05 10.18.44

①一度痛みが出ると痛みの範囲に幅が出ます。

②その痛みのラインを超える前に刺激が痛みのライン上に到達すると・・・

③頭が「あれ?これまたキッツイ痛み出る前兆じゃね?」➡「じゃあキツイ痛みなる前にこいつの体しんどくしてこれ以上無理させんとこ!」

④「なんか前より疲れやすくなった・・・ちょっと早めに疲労取りに行こう」

 

まぁ大まかにいうとこういうことかと思っていただければいいです。

その反応自体は身体が無理しないためのリミッターになるんです。

でもそれじゃぁ困ることもありますよね?

じゃあどうするか?およそ二つの道があると思います。

⑴疲れがたまる速度を遅くするか

⑵疲れを取れやすくするか

です。その両方でもいいと思います。

しかしそれをするためにはただ疲れ取るだけでなく、根本的に疲れがたまる原因を解決していかないといけない。

それがあなたの10年後に関わってくると私は思っております。

姿勢・矯正に関することはお気軽にご相談ください。
  • 予約制 06-6716-1117
  • メールでのお問い合わせはコチラヘ
土曜のみ8:30~13:00 【定休日】土曜午後・日曜・祝日

ページトップへ戻る