朝起きるときに腰が痛いお母さんへ③「うつ伏せで寝ている」|大阪市天王寺区・生野区の肩こり・腰痛・猫背・骨盤矯正治療なら、あだち鍼灸整骨院へ

あだち鍼灸整骨院

予約制 06-6716-1117

施術時間
午前8:30~12:30、午後3:30~8:30
定休日
土曜午後・日曜・祝日

お問い合わせ

アクセス

予約

あだちブログ

朝起きるときに腰が痛いお母さんへ③「うつ伏せで寝ている」

  • 腰が痛い・だるい
  • 2016年2月15日

どうもこんにちは。

今日も朝起きるときに腰が痛いお母さんへアドバイスです。

 

「うつ伏せで寝ている」

この姿勢が楽だと言われる方もおられるかもしれません。

ですが、腰を大事にしたいならその姿勢は絶対に続けないでください。

なぜなら腰の元々の形に理由があります。下の写真をご覧下さい。

 

2016-02-15 23.06.28

ちょっとこの写真ではわかりにくいかもしれませんが、腰の骨は前に弓なりに湾曲しています。

立っているときはその状態で負担がかかり腰の筋肉に疲労がたまり、筋肉自体に痛みが出たりまた腰の骨に負担がかかり痛みが出現します。

そこには腰が反っている=腰の筋肉に負担をかけている。という形になります。

うつ伏せで寝る=腰を反る=腰の筋肉に負担をかける。この図式になります。

朝、布団から出て行って子育て、家事、仕事で疲れて帰ってきた腰をうつ伏せで寝ることで更にあなたの腰に鞭打つ結果となっています。

 

ではどの姿勢がいいのか?

そこにはいろいろな面で見ると上向きが総合的には適しています。

しかし腰だけで見ると、横向きで少し丸まって寝る(赤ちゃん姿勢)これが腰が痛い人への一番のおススメです!

子育て手忙しいお母さんも寝るときぐらい子供に戻ってもいいんじゃないでしょうか?

 

追記:

今日から毎日挑戦していこうと思っております。

題して「毎日五分の運動でどこまで体は変わるのか?」

「毎五の変体」(まいごのへんたい)と略してください。

趣旨を説明しますと毎日5分の運動でどこまで体を変えることができるのか?です。

正直なぜ五分かというと、自分がそれ以上の運動を続けられる自信がないからです。

でも五分なら続けられるんじゃないだろうか!!そういう思いからどう変わるのか?はたまた全く変わらないのか?

そんなダメ人間の挑戦をお楽しみください。

 

ちなみに今日決めた運動してみたら「3分30秒」しかかかりませんでした。(´Д⊂ヽテヘペロ

 

この先は今日のお腹です。覚悟のある方だけ見てください。

 

 

 

 

 

 

 

 

2016-02-15 21.26.30

お互い無理せず頑張りましょう!

姿勢・矯正に関することはお気軽にご相談ください。
  • 予約制 06-6716-1117
  • メールでのお問い合わせはコチラヘ
土曜のみ8:30~13:00 【定休日】土曜午後・日曜・祝日

ページトップへ戻る