朝起きるとき腰が痛いお母さんへ⑤「母乳を与えているのでシップはしていない」|大阪市天王寺区・生野区の肩こり・腰痛・猫背・骨盤矯正治療なら、あだち鍼灸整骨院へ

あだち鍼灸整骨院

予約制 06-6716-1117

施術時間
午前8:30~12:30、午後3:30~8:30
定休日
土曜午後・日曜・祝日

お問い合わせ

アクセス

予約

あだちブログ

朝起きるとき腰が痛いお母さんへ⑤「母乳を与えているのでシップはしていない」

  • 腰が痛い・だるい
  • 2016年2月17日

どうもこんにちは。

今日のテーマは「痛いけど母乳与えているのでシップはしていない」お母さんへ

 

 

基本的に妊娠中、授乳中のシップはOK!という先生とやめなさいという先生とまちまちであると思います。

影響が出やすい成分が含まれるシップに関してはいくら医者からOKと言われても、お子さんの事も考え張られない方が多いのではないのでしょうか?

では何かシップの代わりになるものはないだろうか?

そこでおススメさせていただくのは、「アイシング」というものです。

アイシングという言葉自体を知っている人が少ないと思いますし、知っておられる方もケガしたとき(捻挫や打撲)した時にするもんちゃうの?と思ってる人も多いと思います。

基本的にすることは、一定時間患部(痛みのある部分)にアイシング(保冷剤や氷水を入れたビニール袋等でOK)をタオルにくるんで当てるというものです。

上記の際にアイシングをするのがどういう効果があるのか色々難しい話はありますが、一言でまとめると消炎(炎症を抑える)、鎮痛(痛みを抑える)という効果です。

この二つはシップの箱や袋のどこかにも必ず書かれている言葉です。一度探してみてください。

「えっ!!腰はあっためなきゃいけないんじゃないの!!??」

そう思われる方もいらっしゃると思います。

お医者さんにもほとんどの場合「温めなさい」と言われているのではないでしょうか?

これは決して間違いではありません。普段日常生活をおくる上では必ず腰回りを冷やさない様にして下さい。

 

そこで私が提案するのは「ある時間帯」に「一定時間」のみアイシングを行うというものです。

「ある時間帯」とは夜お風呂に入った後、「一定時間」とは約10分です。

このタイミングで行うことで、一日筋肉に溜まったお疲れを取る効果があります。

間違えないでほしいのは、必ず10分以上は行わないでください。

それ以上しすぎると冷えすぎてしまい、痛みが増す場合がありますのでご注意ください。

 

もう一つ注意点としては腰が「痛い」人は上記を行ってください。「ダルい」「重い」の状態であればしっかり温めることをおススメします。

 

追記:

昨日お伝えした寝方の問題ですが、調べているとこんなものもありました。↓

マルチに使える ベビー&ママクッション シムス 抱き枕 授乳 お座りサポート (モカブラウン)

なかなかうつ伏せで寝る癖が取れない方は試してみてはどうでしょうか?

 

姿勢・矯正に関することはお気軽にご相談ください。
  • 予約制 06-6716-1117
  • メールでのお問い合わせはコチラヘ
土曜のみ8:30~13:00 【定休日】土曜午後・日曜・祝日

ページトップへ戻る