美尻革命!タイムリミット産後5カ月「腰の痛みと骨盤」 |大阪市天王寺区・生野区の肩こり・腰痛・猫背・骨盤矯正治療なら、あだち鍼灸整骨院へ

あだち鍼灸整骨院

予約制 06-6716-1117

施術時間
午前8:30~12:30、午後3:30~8:30
定休日
土曜午後・日曜・祝日

お問い合わせ

アクセス

予約

お知らせ

美尻革命!タイムリミット産後5カ月「腰の痛みと骨盤」 

  • お知らせ
  • 2016年3月14日

こんにちは。

 

今日は腰の痛みと骨盤の関係性です。

 

腰の負担を少なくして腰痛を無くしたい人はたくさんいらっしゃると思います。

 

その為にも腰の近くで深く関係してくる骨盤の話は大事になってきます。

 

骨盤は元々バランスを取るために若干前傾の形を取っています。

 

その為に腰の背骨は若干前に湾曲してバランスを保ちます

骨模型 横から

これが基本になり、背骨はこのように曲がった姿勢がバランスが取れている姿勢であり、負担が少ない姿勢でもあります。

 

その為、姿勢をまっすぐしようと努力をする人がいますがそれは体に負担しかからないことをしっかり理解しておいてください。

 

なのでそもそもバランスを保つってものすごく頭で考えるとややこしいことになってきます。

 

なので頭で考える必要がないことをしていきましょう。

 

この姿勢を保つためにはこの姿勢を保つ要因を取り除く必要があります。

 

それが筋肉の短縮です。

 

ここで一つ皆さんが間違いやすい勘違いを一つ。

 

筋肉に伸びる性質はありません。

 

基本筋肉は縮むだけです。

 

ストレッチで筋肉を「伸ばす」の意味は「縮んだ筋肉を本来の長さまで戻す」

 

ということです。

 

基本的に体の姿勢が崩れる原因は筋肉です。

 

筋肉が骨を引っ張りバランスが崩れてしまいさらに筋肉の負担が強くなる。

 

この悪循環が全ての体の痛みの元凶です。

 

なので縮んだ筋肉を元の長さまでに戻してあげるストレッチはそれだけで筋肉に引っ張られた骨のバランスを整えるし、

 

その分負担も少なくなります。

 

その為にもまず骨盤に付く筋肉のストレッチ。

 

これを私はお勧めしています。

 

主に腰の筋肉、太ももの筋肉、腹筋。

 

この三つが主ですが、だいたい皆さん腰がしんどい時やその予防のためにするのは腰のストレッチしかされません。

 

私がおススメするのは骨盤のバランスを保って、腰の筋肉の負担を減らすために

 

太ももの筋肉のストレッチをお勧めしています。

 

主に皆さんは太ももの後ろを伸ばすストレッチをすることが多いと思います。

 

その分前の筋肉のストレッチがおろそかになることが多いのでそこを気を付けてみてください。

 

 

 

 

姿勢・矯正に関することはお気軽にご相談ください。
  • 予約制 06-6716-1117
  • メールでのお問い合わせはコチラヘ
土曜のみ8:30~13:00 【定休日】土曜午後・日曜・祝日

ページトップへ戻る